読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年9月から12月までの現場をまとめたよ

2016年も残りわずか…とか思ってたらあと数時間じゃんか。夏以降の現場をサクッとまとめたいと思います。ここ3ヶ月ほどの間には私にとってはじめての自担誕生日公演などもありまして、なかなか非常に有意義な時間になりました  1年間ありがとう…私は立派にジャニオタになれたのではないかと思います。そんな2016年の暦の旅

 

1月から8月まで(中途半端にもほどがある)の暦の旅 http://jissaisoko.hatenablog.com/entry/2016/10/23/095004

 

 

 

9月

縁〜むかしなじみ〜

ジャニフワ初日に入らず 東京からツイッターに流れてくる博多座の写真を見ながらみんな現場あって良いなあ…て思ってたんだけど、時間作って急遽チケット押さえて入ってきた。サクッと入れた奇跡……

ストーリーは後に引くような なかなかシビアなテーマを孕んでいて、個人的には心にズシっときたけどそんな印象を持たせてくれたふぉ〜ゆ〜の説得力や表現の力強さを感じられて、とてもいい舞台だったなあ   パンフレット衝動買いしたの後にも先にも初めてかもしれない。

いろいろ見てたら公開稽古の取材記事あったわ。http://spice.eplus.jp/articles/76936 つくづく外部の舞台にこうして触れる機会があることって素晴らしいのではないかと思ったし岸くんにも見にきてほしかったよおお

 

 

ジャニーズフューチャーワールド(9/29、9/30)

ずっと遠征で本州は出ないつもりだったけど、今回そんな考える隙もなく飛行機予約したな。夢みたいに楽しかったな…アハハ…詳しくは別記事にて

http://jissaisoko.hatenablog.com/entry/2016/12/07/115443

 

 

 

10月

ジャニフワ(9、23夜、24、25昼)

ざっくりした内容は博多座と変わらなかったけど梅芸の公演は関ジュの凄さを生で体感できて嬉しかった。タイタニックのとこ、風雅くんとは手を繋がないのね岸くん…。梅芸はじめて入ったんだけど3階とかまあ見辛くてびっくりしたな…

遠征中ずっと1人だったため暇になりとりあえず闇金ウシジマくんのファイナルを見に行き なかなかの衝撃と興奮そのままに舞台を観劇して、その日なんか寝れなくてドラマ3期のウシジマくんを一気見したら通信制限かかった  

 

 

 

11月

溺れるナイフ舞台挨拶

もともと重岡くんに特に深い思い入れはないんですけど、とにかく原作崇拝が止まらないファンとしてとりあえず早く観たくて気づいたらチケット押さえて行ってた。小松菜奈ちゃんと菅田将暉くんが共演してるディストラクション・ベイビーズっていうミニシアター系の映画が5月ごろ公開されてたんだけど そちらも観にいっていたので、あの2人が…!?みたいな気持ちもあったし、とにかく期待値高いまま乗り込みました。ざっくりにもほどがあるけど、もうずっとヒリヒリしていたわ…。映画の感想またいつかきちんとまとめておきたいと思いますが、舞台挨拶入れて良かったなと思ったのは山戸監督のコメントに本当に泣きそうになったからだ。プロモーションのツイートもグッとくるものがたくさんあって、私は舞台挨拶でこの人のお話を聞けて良かったと思えたな〜。これ現場の感想でもなんでもないわ!

重岡くんが演じる大友はむちゃくちゃ自然体だった。自身のコメントにもあったけど大友って言いづらい格好良いことをサラッと言えちゃう凄いやつなんだけど その感じも絶妙で、大友と一緒にいるときの夏芽が自然で楽しそうにしているのがコウちゃんの強烈な光に惹かれる描写との対比を感じられてキュンとするカットだと思う、台詞噛んでもそのまま使われてたりする感じも重岡大毅の大物感を表していたな…。素敵な重岡くんがたくさん詰まってたのが印象的。そんでまたざっくりした雑感ですがこの映画アイドルオタクの視点で観るともうほんとズドーンって心にくるので、また観たい…そんでいろいろ考えたい…いろいろ…

 

 

12月

え……無い…😂🤘

 

 

 

え……島入りを先延ばしにしすぎたせいで12月の第2弾ステフォ買えなかったしマジか…というところですが体力的にも存分に師走味わってしまったからいいわ。みなさまもお疲れさまでした

 

ジャニーズワールドに始まりジャニフワに終わるような1年であった。岸くんを応援するのは本当に楽しくて岸くんの表情、コメント、歌もダンスも我々が垣間見れる程度の価値観も、本当にひとつひとつが全部すきでした!あと私服もすきです!2017年もいい景色見せておくれ〜。お体にはお気をつけて。そしてさらなる飛躍をずっと期待しています。岸くんが出来ることやりたいこと全部、きっと期待します。オタクだから。きしくんがステージに立つ限り、そんなきしくんのことがずっとすきなのだとおもう。

2016年は大変お世話になりました。これからも君のことを応援するよ!!